今月のお勧め図書

Level6コース以上の方対象。

タイトル:One Thousand Dollars

シリーズ:Oxford Bookworms Library

レベル:Stage 2

総単語数:5,333

内容紹介

お金か愛か? あなたにとって、人生でより重要なものはなんでしょうか? お金があれば何でも買えますか? お金は本当に人々を幸せにするか、それとも問題を引き起こすだけでしょうか? 百年前に書かれたアメリカの著名なストーリー・オントリー・ヘンリーによる短編小説から、お金、愛、人生についてのこれらの4つの演劇が適応されています。 この書物は、個人的な経験から書いているそうです。

O. Henry(William Sydney Porter、1862-1910)アメリカの短編作家の4編集を読む事ができます。 あなたは、お金と愛、どちらを選びますか? ドキッとされた方、読んでみませんか?

 GPAコース以上の方対象。

タイトル:Love Story

シリーズ:Oxford Bookworms Library

レベル:Stage 3

総単語数:8,755

内容紹介 日本では「ある愛の詩」で知られる1970年の映画の原作です。

裕福で代々ハーバード大学出身という家柄であるオリバーは、家柄違いのラドクリフ大学(ハーバード大学関連の女子大学)のジェニファーと恋に落ち、オリバーの父親の反対を押し切り結婚する。2人が24歳になったある日、ジェニファーの命が白血病で残り少ないことが判明し闘病生活に入る。オリバーは高額の医療費を自分の父親に求めるが、彼女の病状は好転せず亡くなってしまう。その後父親との短い会話の中で「愛とは決して後悔しないこと」(Love means never having to say you’re sorry)という生前ジェニファーがオリバーに残した言葉をオリバーが語り、和解します。本を読んだ後映画を見ても良いですね。

今月のお勧め図書

Level6コース以上の方対象。

タイトル:Voodoo Island

シリーズ:Oxford Bookworms Library

レベル:Stage 2

総単語数:5,910

この物語の舞台 Voodoo Island は ハイチ のことです。これは、アメリカ人ビジネスマン James Conway がお金にモノを言わせて島の土地を買い住宅や店・ホテルを建てようとしたところ、Voodoo の祟りでおかしくなっていくお話しです。Voodoo は、魂がないすべてのもの、たとえば雨や風、木やお日さまや海にも魂( spirit )がある、という民間信仰です。でもこれはVoodoo に限らず、日本の民間信仰もこのような考えが基本になっているし、けっこう世界中にこういった信仰があるのではないかと思います。暑くなってきた季節にいかがでしょうか?

EYコース以上の方対象。

タイトル: Great Expectations

シリーズ:Oxford book worms Library

レベル:Stage5

総単語数 : 24,045

物語は,不遇の男の子が高飛車なお澄まし美少女Estellaに恋をする話。ラブストーリー的内容とサスペンス的な内容とがあり,物語展開がとても面白い本です。わからない単語は飛ばして先に進みましょう。単語総数も少しあるので、時間がとれる方は是非試してみてください。

今月のお勧め図書

Level6コース以上の方対象。

タイトル:Anne of Green Gables

シリーズ:Oxford Bookworms Library

レベル:Stage 2

総単語数:5,860

ゴマリアと彼女の兄弟マシューは、グリーンガブレスの農場で孤児を養子にしたいと考えていました。 彼らは男の子を希望しましたが、赤毛とそばかすがありお話しずきなアンナを得ました。彼らは女の子をほしいとは思いませんでしたが、アンナを施設に戻せる事が出来るのでしょうか? アンナのこれからの生活はどうなるのでしょうか。人気の赤毛のアンの物語を英語で読んでみませんか?

Level6コース以上の方対象。

タイトル: The Secret Garden

シリーズ:Oxford book worms

レベル:Stage3

総単語数 : 9,600

インドで育ったメアリは両親を病気で亡くし、イギリスに住むおじに引き取られます。意地っぱりなメアリですが、屋敷で働くマーサやベンたち素朴なヨークシャの人々と触れ合ううちに、しだいに心を開いていきます。ある日メアリは、屋敷に十年間閉ざされたままの花園があることを知ります。花園の「秘密」を知ったメアリは、なんとか花園に入れないかと切望します。『小公女』『小公子』と並ぶバーネットの傑作です。

今月のお勧め図書

タイトル:Call of the Wild

シリーズ:Oxford Bookworms Library

レベル:Stage 3

総単語数:10,965

L6コース以上の方対象です。

ゴールドラッシュに沸くカナダ北部。金鉱への道を切り開くため、人々はそり犬を求めていた。カリフォルニアでのんびり暮らしていた大型でたくましい犬のBuckは、突然連れ去られ、極寒の地でそり犬として売られてしまう。ジャック・ロンドンの名作『野生の呼び声』

タイトル:Girl on a Motorcycle

シリーズ:Oxford Bookworms Library

レベル:Starter

総単語数:1,300

今月のお勧め図書

タイトル:Love or Money?

シリーズ:Oxford Bookworms Library

レベル:Stage 1

総単語数:6,010

L6コース以上の方対象です。

裕福な女性Molly Clarksonの50回目の誕生日、事件はそこで起こる。その日開かれた誕生日パーティーは小さなもので、出席者は4人だった。それぞれMollyの金を欲しがり、彼女が死ぬことを待っている人物だ。しかし、それを待ちきれない者がいたのだろう。Mollyは殺害されてしまう。犯人の正体は?

今月のおすすめ図書

タイトル; The Snowman

レベル; (P1~の生徒様対象)

本の内容; 子供たちは雪が降っているので興奮しています。 彼らは巨大な雪だるまを作ることに決めました。 その後、ウィルは彼のお父さんに冗談を言うことにしました。 ウィルの父はとっても驚きました!何に驚いたのでしょう? エンディングがとても面白いので、私はこの本が好きです。 私は雪が大好きだけど、寒い天気は本当に嫌です!(Jim講師より

今月のおすすめ図書

タイトル; Gulliver’s Travels(Oxford Bookworms Library)レベル;4 総単語数;15,325語
本の内容;船医としてインド洋を目指していたガリバーは、途中嵐に遭い、辛くも島にたどり着く。次の朝、目覚めたガリバーが見たのは、身長15センチの小さな人間たちだった…という興味深いガリバーの冒険の旅。小人だけに会うのではなく、巨人にも会うし、幽霊と話す馬とも会います。著者はアイルランドのダブリンで産まれた、Jonathan Swift です。新年から、面白い本読んでみませんか?
対象レベルは、EY!コース〜です。

今月の入荷図書

タイトル; “Desert, Mountain, Sea (Oxford Bookworms Library)レベル;4総単語数;15,580語
本の内容;危険で、寂しい、3つの地域。そこに行って、そして生きて帰ってくることを決意した、3人の女性。 Robyn Davidsonは、1匹の犬と4頭のラクダを連れて、オーストラリアの砂漠を約3000キロ歩いて渡った。Arlene Blumは、女性10人のチームで、世界最高峰の一つ、アンナプルナに登頂した。生還したのはそのうち8人だけだった。Naomi Jamesは、250日以上にも渡る、世界一周単独航海に成功した。3人の探検家―3人の女性探検家である。
タイトル; “The Woman in White (Oxford Bookworms Library)レベル;6
総単語数;30,000語
本の内容:白い服のその女性が最初に現れたのは、ある晩のロンドンの近くの誰もいない原野で、次に目撃されたのは関バーランド州の墓地の近くだ。彼女は誰だ? どこからやって来たのか? 彼女の過去は? 彼女は孤独で友人もなく、何かに怯えて、混乱しているようだ。そして、彼女は何科秘密を知っているようだ――彼女を黙らせるためにはどんなことでもできる、ある男を破滅に導き、辱めることができるような秘密。この有名なミステリー・スリラー小説には、興奮と緊迫とロマンスと、ページごとに絡み合って展開するプロットがある。
タイトル; “The Accidental Tourist (Oxford Bookworms Library)レベル:5
総単語数;23,000語
本の内容;アメリカ、ボルティモアの日常は些細な出来事に包まれている― 皿を洗い、食料やドッグフードを買い出しに行き、近所の人には会わないようにする。息子が死に、妻に捨てられてからというものの、Maconの生活は…

今月のお勧め図書

タイトル; “Oliver Twist (Oxford Bookworms Library)

レベル;中上級者向け

総単語数;26,560語

本の内容;1830年代のロンドンでの有名なお話です。皆様も、名前は一回くらい聞いた事があるのではないでしょうか? 是非、オリバーとナンシーの状況を思い描いて読んでみてください。英文の難易度はレベル6で、大体高校の2、3年生の教科書の英文程度です。仮定法過去や仮定法過去完了、関係代名詞や関係副詞の非限定用法、強調構文や形式主語構文、倒置構文などなど、高校英文法が一通り終わっていれば容易に読めます。少し難しく思われるかもしれませんが、挑戦されるのもいいかもしれませんね。Level6~の生徒様にお勧めです。

今月のお勧め図書

タイトル; “Alice’s Adventures in Wonderland (Oxford Bookworms Library)

レベル;中級者向け

総単語数;6,315語

本の内容; 好奇心旺盛なアリスは、服を着たウサギを見かけ、後を追い木の穴へ入って行く。そこでアリスは足を滑らせて穴へ落ちてしまう。着いた先は、見たことのない世界。アリスは不思議の国でウサギを追いながら、不思議な人や動物に出会っていく。そんなアリスが最後に辿り着いた場所は、トランプの王女のいる城だった。そこでウサギを見つけるが事態は急変し 、アリスはとんでもないことに巻き込まれてしまう。アリスは一体どうなってしまうのか…。日本でもおなじみの不思議の国のアリス。Level6,GPAの生徒様にお勧めです。

タイトル; “New York (Oxford Bookworms Library)

レベル;初級者向け

総単語数;4,640語

本の内容;あなたはニューヨークに行かれた事がありますか?

私は、8年前オーストラリアで一人の見知らぬおじいさんに、「きみ。ニューヨークは人生に一度は行きなさい。あそこは、世界を動かしている、行って損はない所だよ。」と言われた事があります。残念ながら、まだ行ったことはありませんが、是非とも行くべきリストの場所の一つとして心に決めています。この本は一言で言えば、ニューヨークの歴史、文化、観光名所も知ることができる英語読本です。世界の中心都市といってもいいニューヨーク。自由の女神や、タイムズスクエア、イエローキャブ、足早に道を歩くビジネスマン…。ニューヨークに対するイメージは、沢山思いつくのではないでしょうか。もう行かれた人、まだ行ったことがない人、是非それぞれ思いを募らし読んでみてください。読めば読むほどにニューヨークの奥深さが伝わってくる本です。是非、読書の秋にトラベル気分で読んでみませんか?Level7~の生徒様にお勧めです。

今月のお勧め図書

タイトル;Vampire Killer (Oxford Bookworms Library)
レベル;初級者向け
総単語数;1,160語
本の内容;Colin Millerは仕事がなく、お金に困っていました。色々な仕事に申し込むが雇ってもらえず、途方に暮れていた時に求人の張り紙を見つけます。早速そこに電話をかけ、求人主のProfessor Fletcherに会いに行くことにしました。何とも怪しげなその教授から提示された仕事とは、「バンパイアを見つけて殺すこと」でした。本当にバンパイアなど存在するのでしょうか?Level7~の生徒様におすすめです。

今月のお勧め図書

The Secret Garden
シリーズ:Oxford book worms【総単語数 9,600語】
レベル:Stage3
インドで育ったメアリは両親を病気で亡くし、イギリスに住むおじに引き取られる。意地っぱりなメアリだが、屋敷で働くマーサやベンたち素朴なヨークシャの人々と触れ合ううちに、しだいに心を開いていく。ある日メアリは、屋敷に十年間閉ざされたままの花園があることを知る。花園の「秘密」を知ったメアリは、なんとか花園に入れないかと切望する。『小公女』『小公子』と並ぶバーネットの傑作。
AUDREY HEPBURN
シリーズ:Penguin Readers 【総単語数 3,888語】
レベル:Stage2
永遠の妖精と謳われる大女優オードリー・ヘップバーン。その人生は決して順風満帆というわけではありませんでしたが、どんなときも朗らかさを忘れなかった彼女。今もなお世界中に愛され続ける彼女の人生を描いた素敵な作品です。L6以上の生徒様にオススメです。 ペンギンリーダーズのシリーズについてご紹介します。「ペンギンリーダーズ」はあらゆるレベルの学習者に英語で読書する楽しみを知ってもらうことを目的に作られたシリーズで、小説をやさしく書き直したもの、映画のノヴェライゼーション、オリジナル作品から構成される。どのレベルの方にも英語で本を読む喜びをお約束します。

今月のお勧め図書

☆The Jungle Book: Stage 2 (Oxford Bookworms Library)

41歳の若さでノーベル文学賞をとったRudyard Kiplingが書いた作品の 一つ “The Jungle Book”の一部を易しい英語でリトールドしたものです。 インド南部のジャングルでのこと。トラのShere Khanが人間の親子から 子どもを奪ってきた。その子どもの命の危機を救ったオオカミたち。 オオカミたちは、この人間の子どもを”Mowgli”と名付け、教育係として クマのBalooと黒ヒョウののBagheeraをつけ、ジャングルの掟を教えて いく。時にサルにさらわれながら、ヘビや鳥に助けてもらいながら、 そして、Shere Khanのいつ来るか分からない攻撃に備えながらMowgliは 自らを人間だとは思わず、ジャングルの中で逞しく成長していく。 しかし、順調に成長していったある日、あることがきっかけで人間の 村に帰されることになったMowgliだったが…。上手くいくのでしょうか? そして、いまだにMowgliを狙い続けるShere Khanだが…。

MowgliとShere Khanは対決するのでしょうか?

☆The Adventures of Tom Sawyer (Oxford Bookworms Library; Stage 1, Classics)

中学英語のレベルから読みはじめることができます。

トム・ソーヤーはポリーおばさんとセント・ペーターズブルクで暮らしている少年。

ずる賢く、わんぱくなトムは学校が嫌いで、家庭の事情で路上生活をしているハックリベリー・フィンという友達と仲良し。ある日、彼に誘われて幽霊を見に真夜中の墓地へ。そして彼らは幽霊よりも恐ろしいものを見たのでした。

今月のお勧め図書

“New Yorkers: Level 2 (Oxford Bookworms Library)”

「舞台はニューヨーク。主婦、浮浪者、弁護士、ウェイトレス、女優…普通の人たちの日常が町を作り出していく。時代が変わり、、町の様子が様変わりしても、人は変わらない。喜びと悲しみ、貧しさと裕福さ、愛をみつける者と愛を探す者。」短編の名手、オー・ヘンリーがニューヨーカーたちの何気ない日々を鮮やかに映し出したすばらしい作品集です。”The Christmas Presents”, “Soapy’s Choice”, “A Walk in Amnesia”, “Tildy’s Moment”, “The Memento” が一冊の本に入っています。1作目の「Christmas~」は、「貧しい夫婦がクリスマスのプレゼントに相手に喜んでもらおうと、奥さんは旦那様が大事にしている時計の鎖を購入するために自分の美しい髪を切って売る。旦那さんは奥さんの美しい髪を梳かすために高価な櫛を購入する。」お互いを愛するがゆえに自分の一番大切なものを売るという心温まる作品です。

今月のお勧め図書

“Love Story”

日本では「ある愛の詩」でしられる1970年の映画の原作です。

裕福で代々ハーバード大学出身という家柄であるオリバーは、家柄違いのラドクリフ大学(ハーバード大学関連の女子大学)のジェニファーと恋に落ち、オリバーの父親の反対を押し切り結婚する。2人が24歳になったある日、ジェニファーの命が白血病で残り少ないことが判明し闘病生活に入る。オリバーは高額の医療費を自分の父親に求めるが、彼女の病状は好転せず亡くなってしまう。その後父親との短い会話の中で「愛とは決して後悔しないこと」(Love means never having to say you’re sorry)という生前ジェニファーがオリバーに残した言葉をオリバーが語り、和解します。本を読んだ後映画を見ても良いですね。

今月のお勧め図書

Level6 Snow Falling on Cedars (日本語名ヒマラヤ杉に降る雪)1999年にアメリカで製作された映画の原作です。1954年日系アメリカ人のカズオは第一級殺人容疑で罪に問われていました。第二次世界対戦後の日系アメリカ人への厳しい偏見の中で公平な裁判が受けられるのでしょうか?また事件の真相は暴かれるのでしょうか?

リーディングツリーキャンペーン

1月5日(火)~2月27日(土)の間、通常¥2,050のリーディングツリー登録料を無料にいたします。
多読をご存知ですか?既に取り組んでいらっしゃる生徒様もたくさんいらっしゃいます。多読とは本を読むことで、総合的な英語力を高める英語学習法です。当校では中高生から一般向けの7レベル構成の効果的なリーダー教材として、世界中から評価されているOxford Bookworms Libraryを取り扱っております。言語スキル全体を高めるにはリーディングが有効であり、Oxford Bookwormsは、語彙、文章量、内容において効果的な教材であると専門家から評価されています。多彩なストーリーがあり、楽しみながら、たくさんのリーディングをこなすことができます。昨年度のキャンペーンの際には多くの生徒様にご登録いただき、楽しんで本を読んでいただいております。結果も徐々に出てきています。同じコースを受講されている生徒様で多読をしている方としていない方には驚くほどの違いが出ていると講師が報告しています。興味ある生徒様は、マネージャーにご相談ください。

リーディングツリーについて

多読をご存知ですか?多読とは本を読むことで、総合的な英語力を高める英語学習法です。当校では中高生から一般向けの7レベル構成の効果的なリーダー教材として、世界中から評価されているOxford Bookworms Libraryを取り扱っております。言語スキル全体を高めるにはリーディングが有効であり、Oxford Bookwormsは、語彙、文章量、内容において効果的な教材であると専門家から評価されています。多彩なストーリーがあり、楽しみながら、たくさんのリーディングをこなすことができます。1月5日(火)〜2月27日(土)の間、通常¥2,050の登録料を無料にいたします。昨年度のキャンペーンの際には多くの生徒様にご登録いただき、楽しんで本を読んでいただいております。興味ある生徒様は、マネージャーにご相談ください。

今月のお勧め図書

“A Chiristmas Carol (Oxford Bookworms Library) ”
今月のおすすめはこの時期にぴったりな小説です。主人公は冷酷無慈悲な初老の商人スクルージです。守銭奴でもあり7年前も共同経営者マーレイのお葬式にもお金を出し惜しみしました。クリスマスイブの夜にマーレイの亡霊が現れ、金銭欲や物欲に取り付かれた人間がいかに悲惨な運命となるか、スクルージに諭し、スクルージが自分以上に悲惨な結末を回避し、新しい人生へと生き方を変えるため、3人の精霊がこれから彼の前に出現すると伝えます。3人の精霊と出会ったスクルージはどのように変わっていくのでしょうか?小説の名前は聞いたことあってもまだ読んだことが無いという方は、この機会にぜひ手に取ってみてください。

今月のお勧め図書

“Alice’s Adventures in Wonderland (Oxford Bookworms Library) ”
好奇心旺盛なアリスは、服を着たウサギを見かけ、後を追い木の穴へ入って行く。そこでアリスは足を滑らせて穴へ落ちてしまう。着いた先は、見たことのない世界。アリスは不思議の国でウサギを追いながら、不思議な人や動物に出会っていく。そんなアリスが最後に辿り着いた場所は、トランプの王女のいる城だった。そこでウサギを見つけるが事態は急変し 、アリスはとんでもないことに巻き込まれてしまう。アリスは一体どうなってしまうのか…。日本でもおなじみの不思議の国のアリス。Level6,GPAの生徒様にお勧めです。

今月のおすすめ図書

New Yorkers: Level 2 (Oxford Bookworms Library)
EAR-RINGS FROM FRANKFURT
リチャードはいつも仕事をすぐに辞めてしまいます。ある日姉のジェニファーの元に現れ、お金を借りて消息を絶ちました。ジェニファーの家にリチャードを探しに警察官が訪れ、彼の同僚の女性からフランクフルトで事件に巻き込まれたことを聞きました。リチャードはどんな事件に巻き込まれたのでしょうか、またどこへ行ってしまったのでしょうか?L6 ,GPA以上の方にお薦めです。

今月の本ご紹介

New Yorkers: Level 2 (Oxford Bookworms Library)

「舞台はニューヨーク。主婦、浮浪者、弁護士、ウェイトレス、女優…普通の人たちの日常が町を作り出していく。時代が変わり、、町の様子が様変わりしても、人は変わらない。喜びと悲しみ、貧しさと裕福さ、愛をみつける者と愛を探す者。」短編の名手、オー・ヘンリーがニューヨーカーたちの何気ない日々を鮮やかに映し出したすばらしい作品集です。”The Christmas Presents”, “Soapy’s Choice”, “A Walk in Amnesia”, “Tildy’s Moment”, “The Memento” が一冊の本に入っています。1作目の「Christmas~」は、「貧しい夫婦がクリスマスのプレゼントに相手に喜んでもらおうと、奥さんは旦那様が大事にしている時計の鎖を購入するために自分の美しい髪を切って売る。旦那さんは奥さんの美しい髪を梳かすために高価な櫛を購入する。」お互いを愛するがゆえに自分の一番大切なものを売るという心温まる作品です。